YASUAKI SHIMIZU
YASUAKI SHIMIZU & SAXOPHONETTES
MARIAH
FILM DANCE MIXED MEDIA
PRODUCTIONS COMPOSITIONS ARRANGEMENTS CONTRIBUTIONS
 
 
SEVENTH GARDEN
セヴンス・ガーデン
back next

「まずは静寂、そして... "音楽" の規範を超越した、懐かしくもまったく新しい音達」
清水靖晃プロデュースによる、浜名湖花博 2004「庭文化創造館」のサウンドインスタレーションのために制作した音源やアプローチを基にしている。



2004.4.26
CD
ビクター VICL-61390
1.   雑草
2.   Magic stone  
3.   モモノハナ  
4.    
5.   花が咲いたら  
6.   Industria botanica  
7.   Elizabeth  
8.   水滴  
9.   Destiny No.1  
10.  


MORE

作曲/プロデュース:清水靖晃

「モモノハナ」:1984年録音、未発表『キレン』より/ニューバージョン
「花が咲いたら」:1983年 マライア アルバム『うたかたの日々』より/ニューバージョン

清水靖晃:エレクトロニクス、テナーサキソフォン、木琴、バーチャイム
ひばり児童合唱団: ヴォーカル、榊原哲: 指揮(1、5)
甲田美益子: ヴォイス(5)
白石圭美: ソプラノ(6)
吉田詠都子: ハミング(7)

レコーディング:叶眞司、清水靖晃、吉田和紀(1、5)
ミキシング: 叶眞司
レコーディング スタジオ:パスウェイ、サブマリン、サウンドシティ(1、5)



MORE

コメント
児童合唱にこんな可能性があるのをなぜ、誰も気がつかなかったのだろう。あどけないと見せかけるや急にだだをこねるような展開は、清水靖晃にしかできない。妙に気持ちの落ち着く打ち込みビート、脱力感の心地よいソプラノ、トランポリンでスキップしようとしているようだ。うまく乗ったら高く跳べる。でもうっかりするとひっくり返る。それもまた楽し。
(音楽学者 細川周平)

Seventh Gardenはワンダフルだ。
きれいで、控えめで、おかしく楽しい。 『Time and Again』やバッハ素材の扱いから生まれたユニークな音楽的ヴォキャブラリーやパースペクティブを発展させた素晴らしい到達点であり、私的な声だ。うまくできている。
(音楽プロデューサー/作曲家 デヴィッド・カニンガム)

YSノート
ともかく“庭”と言うことで、アルバムを作ろうと思いました。 庭と言っても、実際の庭というより、精神の“庭”。これは元々「庭文化創造館」の為に考えた事ですが、それを凝縮してアルバムにしてしまおうと…。庭文化創造館では、毎日、開館から閉館まで8時間という時間枠があり、無音を主体にしたアプローチを行うのですが、残念ながらてCDには時間の制約があります。こまったなぁ〜と思ったのですが、よく考えたら、精神の“庭”のポイントは、リニアな時間の長さじゃないんだなぁ〜〜。結局、音模様に1分も100年も無いのです。と、いうことで、こうなりました。