NEW

2011. 11. 30

WHISKY HILLS 2011 SCENE OF THE NIGHT
面白ラジオ放送
「お酒のある夜の風景」をテーマにしたサントリー提供の期間限定ミニプログラム。いくつかの質問に清水は江戸弁で回答しました。その原稿をもとに番組ナビゲーター南さんの朗読で、とある夜の1ページが放送されます。さて、どうなることやら。清水も大変興味深いそうで、この番組は絶対聞くぞと今からそわそわしています。

放送日:12月2日(金)21:55〜22:00 J-WAVE 81.3FM
ナビゲーター:南 美布
www.j-wave.co.jp/original/sceneofthenight


OTOAJITO
ラジオ出演 
清水がお気に入りのアルバムとあてを抱えて登場。クリス・ペプラーさんと2人で音楽談義を繰り広げます。ここだけ話の音楽ヒストリーが聞けるかも。

放送日:12月3日(土)18:00〜18:54 J-WAVE 81.3FM
ナビゲーター:クリス・ペプラー
www.j-wave.co.jp/original/otoajito



2011. 11. 24

zig-BACH-zag-PENTA
バッハと5音音階のシマウマ
12月10日(土)清水靖晃&サキソフォネッツ・東京公演
今年最後絶対に見逃せないサキソフォネッツ公演が東京、三鷹市芸術文化センター・風のホールで行われます。“瓢箪から駒”的なアイディアから始まった、 J.S.バッハと清水作曲の5音音階楽曲を交互に演奏するというプログラムを軸に、さらに本公演のために5音音階作品の新作とバッハ「フーガの技法」もサキソフォン5本のために新しい編曲で発表予定です。
長い残響時間を特徴とするホールを生かし、完全アコースティックで演奏(1.8秒/500Hz満席時)します。「バッハ×サキソフォン×スペース」をコンセプトにホール自体を楽器としてならす清水ならではの音響空間を体感して下さい。先月28日の香港パフォーマンスを経て、さらに深化したサキソフォネッツ公演です。乞うご期待。

・清水靖晃コメント

清水さんの音楽に僕はいつもいっぱい食わされてしまう。例えば賑やかに聞こえて来る『ペンタトニカ』にひそむ静謐さ。例えば不眠症を解消するための音楽と(俗に)言われている『ゴルトベルク変奏曲』に施されたある種の祝祭的楽器法。またいっぱい食わされたい。快感なのだからしかたがない。

 

中島ノブユキ(音楽家)


確かな《本音》が聴かれなくなった昨今、清水靖晃&サキソフォネッツの皆さんは、ホールも一つの楽器として響かせながら、得も言われぬ絶妙なバランス感覚で、“いまここに居る不思議”を感じさせてくれます。

西田透(すみだトリフォニーホール / ゼネラル・プロデューサー)

各界の皆さんから公演に寄せて頂いた全コメントはこちら

Performance: 2011年「zig-BACH-zag-PENTA」 写真

清水靖晃(t.sax)
江川良子、林田祐和(t, s.sax)、鈴木広志、東涼太(b, s.sax)

日時:12月10日(土)18:00
開演
会場:三鷹市芸術文化センター・風のホール

Mitaka Aarts News On TV
清水靖晃インタビュー
武蔵野三鷹ケーブルテレビの情報番組に清水が出演しました。こちらの三鷹市芸術文化センター公式サイトにてもご覧に頂けます。

http://mitaka.jpn.org/ticket/1112100/#movie


2011. 11. 7

アンサンブル・オット・ヴォーチ リサイタル
清水靖晃作曲「Suspended Notes」
世界初演 11月22日(火)東京・トッパンホール 

サキソフォネッツの江川良子さんが活動している、女性サキソフォン奏者による八重奏団「Ensemble Otto Voci」。本公演のために清水が楽曲を書き下ろしました。
清水曰く「端正な機能美のサキソフォンを8人女性が演奏するという谷崎潤一郎的なコンセプトに僕はすっかりハマり、『細雪』。作曲時間におよそ2ヶ月費やしましたが、とうとう完成しました。筒から放たれる様々な形をした音を、それぞれの宇宙内でご堪能下さい」とのこと。

原ひとみ、江川良子(s. sax)、渡辺美輪子、田名部有子(a. sax)、曽根美紀、大栗司麻(t.sax)、
小池裕美、平賀美樹(b. sax)

日時:11月22日(火)19:00開演
会場:東京・トッパンホール
http://otto-voci.com

 

Noise & Chill Out
Ethiopian Groove Worldwide
エチオピア音楽、2枚組アルバム
清水靖晃&サキソフォネッツ曲「テュ・セマン・ハゲレ」収録

清水の友人でもあるフランシス・ファルセット氏(今年、世界最大の民族音楽見本市"WOMEX"でプロフェッショナル・エクセレンス・アワードを受賞)が選曲、監修を務めるエチオピア音楽集成シリーズにアルバム『ペンタトニカ』から「Tew Semagn Hagere」が収録されています。クロノス・カルテットやスイスのビッグバンド、インペリアル・タイガー・オーケストラなど幅広くも厳選された2枚組のコンピレーションアルバムです。フランスのレーベル、ブダ・ミュージックからまずはヨーロッパ地域で発売。2012年春頃、アメリカでもリリース予定しています。

発売日:11月
Buda Musique 860215


 

QLASSIX
FPMアルバム 清水靖晃演奏曲収録 
2009年からユニクロが展開した、音楽と融合させたエンタテイメント型ブローグパーツ「UNIQLO Calendar」。この映像音楽をサウンドプロデュースしたDJ田中知之こと、FPM(Fantastic Plastic Machine)アルバム『クラシックス』に、第一弾楽曲として清水がテナーサキソフォンで演奏参加したフランツ・リストの「Ai no Yume」を含む、シリーズ全曲が収められています。

発売日:11月16日
avex trax AVCD-38390


 

Magalog-kaori Takeda SongBook
武田カオリアルバム 清水靖晃楽曲収録 
ホンダ「LIFE」のCMで山口百恵の「ロックンロール・ウィンドウ」を歌ったことでも注目を浴びたボーカリスト、武田カオリさん。誰もが耳に覚えのある曲を集めたCMコンピレーションアルバムをリリース。清水作曲の「中央酪農会議」とエビスビールでおなじみ「第三の男」をアレンジしたCMソングが収録さています。

発売日:11月30日
ビクターエンタテインメント VICL-63826

 


2011. 11. 4

さや侍
監督・松本人志、音楽・清水靖晃 
ブルーレイ、DVD発売

今夏、公開された松本人志監督第3弾『さや侍』が早くもブルーレイ、DVDになって発売されます。特典映像として、完成披露試写会やロカルノ国際映画祭の目玉として野外特設スクリーンで上映された模様も収録されていますのでぜひご覧ください。

発売日:11月5日
Yoshimoto R and C ブルーレイ YRXN-90008、DVD YRBN-90328

 


2011. 11. 1

Marcle
清水靖晃インタビュー
財団会員情報誌に掲載された清水のインタビューが三鷹市芸術文化センター公式サイトにてご覧に頂けます。「バッハxサキソフォンxスペース」という三角関係のコンセプトが始まった切っ掛け。なぜ5音音階なのか。読み応えあり。

http://mitaka.jpn.org/ticket/1112100/#interview
 


2011. 10. 4

Run Run Shaw Creative Media Centre Grand Opening Festival
清水靖晃&サキソフォネッツ「Frequency Hong Kong」
10月28日(金)香港城市大学、新校舎オープニングイベントに出演 
九龍にある香港城市大学に新設されるクリエイティブ・メディアセンターの完成披露フェスティバルにて清水靖晃&サキソフォネッツがパフォーマンスします。アメリカの建築家ダニエル・リベスキンドが設計を担当。建物はシャープな外壁で組み合わせられた不規則な多面体なっており、サキソフォネッツは各階に独立しているバルコニーから演奏、招待者を新校舎へ迎え入れるためのパフォーマンスとして行われます。
また、この場所で清水独自の音空間を実現しようと考えており、斬新なデザインの建物にスピーカーを向け乱反射させる試みを行います。

Performance: 2011年「Frequency Hong Kong」 公演写真

清水靖晃(t.sax)
江川良子、林田祐和(t,sax)、鈴木広志、東涼太(b.sax)

音響:金森祥之

日時:10月28日(金)
清水靖晃&サキソフォネッツの出演は、16:45-19:00の間で3回
グランド・オープニング・フェスティバルへの入場はご招待の方のみとなりますが、バルコニーから演奏するサキソフォネッツのパフォーマンスは一般の方でも自由にお楽しみ頂けます(座席なし)。

場所:ラン・ラン・ショー・クリエイティブ・メディアセンター、香港城市大学
18 Tat Hong Avenue, Kowloon, Hong Kong
www.cityu.edu.hk/cmc


旅するパオジャンフー
監督・柳町光男、音楽・清水靖晃
10月21日(金)オーディトリウム渋谷にて特別上映決定!
台湾の薬売り旅芸人(パオジャンフー)の日常をとらえた柳町光男監督のドキュメンタリー映画『旅するパオジャンフー』(1995年)が富田克也監督の ”大好きな映画” として選ばれ、10月21日に富田監督新作『サウダーヂ』の公開イベントで特別上映されることが決定しました。
またとない機会にぜひともご来場下さい。上映後は富田監督と柳町監督の対談もあります。

1995年、この映画音楽は作曲、録音を清水のプライベートスタジオ「サブマリンスタジオ」で行いました。音響を考えるうえでの転換の起点となった作品です。
サウンドトラックアルバム『パオジャンフー』(1995年発売/キュールレコード CR-0002)

日時:10月21日(金)21:00〜22:30上映
*上映後、富田克也監督と柳町光男監督の対談
会場:オーディトリウム渋谷
http://a-shibuya.jp/archives/1538

 

Toyota Crown CM Collection 1963-2010
清水靖晃&サキソフォネッツ楽曲「プレリュード」収録
1996年リリース当時、資生堂やホンダのテレビCMでも起用された清水靖晃&サキソフォネッツアルバム『 チェロ・スウィーツ1.2.3』の第一番「プレリュード」。中でも話題になったトヨタ「クラウン・アスリート」が、この度クラウン歴代のCM映像を網羅したDVDに収録されます。

発売日:10月5日
エイベックス AQBD-50613


エン・トリックス/アウシュビッツ・ドリーム
デジタルリマスター再発決定
1980年代始め、清水を中心に結成された実験的ロックバンド「マライア」の最初の2作品が紙ジャケット仕様で再発売決定。多彩なサウンドに大胆な実験性を加味した、彼等ならではのサウンドが凝縮されている。

清水靖晃(t.sax)、土方隆行(gt)、笹路正徳(key)、渡辺モリオ(b)、ジミー村川(vo)、山木秀夫(dr)

 
  「エン・トリックス」マライア
キングレコード KICS-91710
初回:1980年発売(LP)




「アウシュビッツ・ドリーム」マライア

キングレコード KICS-917101
初回:1981年発売(LP)




2011. 8. 26

クラシック倶楽部
再放送 NHK-BS番組
2010年2月、東京・すみだトリフォニーホールで行われた清水靖晃&サキソフォネッツ「ゴルトベルク変奏曲」公演のダイジェスト版。今回で6度目の再放送です。

放送日:9月15日(木)6:00〜6:55 NHK BSプレミアム
www.nhk.or.jp/classic/club
 


2011. 6. 30

Space Balloon Project
Galaxy S II 発売記念プロジェクト 7月15〜17日宇宙から生中継
清水靖晃楽曲提供参加
NTTドコモの最新スマートフォン「Galaxy S II」の発売を記念した「スペース・バルーン・プロジェクト」に、清水が楽曲提供で参加することが決定しました。このプロジェクトは、特殊な気球を使いGalaxy S IIを上空30,000mの宇宙(成層圏)へ飛ばし、FacebookTwitterMixiを通じて募集したメッセージを受信して表示するというもの。
7月15日から17 日の3日間、1日1回の打ち上げで、この模様は宇宙空間からUstreamでライブ配信。清水含め、Open Reel Ensemble坂本美雨高木正勝コトリンゴほか総勢7組の参加アーティストのメッセージと楽曲がライブ映像と共にランダムで数回流れます。
清水からは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番の「サラバンド」を、イタリアはドロミティ山懐で新たにテナーサキソフォンで録音しました。"「私」は宇宙です"という清水のメッセージから表れるように、臨場感溢れる響きは、まさに宇宙空間に居るよう…
プロジェクト特設サイトでは皆さんからの投稿メッセージを受付中。ぜひご参加下さい。

清水のインタビューと演奏風景の映像はこちら


配信日:7月15日(金)、16日(土)、17(日)各日21:00〜23:00予定
http://space-balloon.net
 


2011. 5. 18

brown eyes
dip in the pool ミニアルバムに「Io」再録
2009年のライブ出演を切っ掛けに再始動した、音楽プロデューサー・木村達司とヴォーカル・甲田益也子とによるユニット dip in the pool が14年振りにアルバムをリリース。1998年に発売した甲田ソロアルバム『Jupiter』収録の清水作曲、プロデュース曲「Io」が2011年版として再録されています。

発売日:5月25日
ベルウッドレコード BZCS-1082


千羽鶴
栗田けんじCDシングル 緊急発売
4月末に着うた、着うたフル配信限定でリリースした、清水作曲の演歌曲「千羽鶴」。レコチョク演歌・歌謡曲デイリーチャートで初登場3位になりました!つねに上位ランキングを続け、週間チャートも3週連続1位を獲得。この大きな反響をうけ、急遽CD化することが決定しました。現在、有線放送チャートでもランキング上昇中。皆さんからのリクエストもお待ちしています。

発売日:7月6日
徳間ジャパンコミュニケーションズ TKCA-90445


バラケ・シソコ&ヴァンサン・セガール
清水靖晃ゲスト共演 6月6日(月)南青山・CAY 
マリ共和国を代表する西アフリカ民俗弦楽器コラの名手、バラケ・シソコとフランス人チェリスト、ヴァンサン・セガールによるデュオ・グループが初来日。珍しい編成で行われるこのライブに清水がコラボレーション参加することが決定しました。どんなパフォーマンスとなるのか、またとない機会をお見逃し無く!

日時:6月6
日(月)19:00開演
会場:CAY
www.plankton.co.jp



2011. 5. 12

Let's go, Japan #2
東日本大地震チャリティーライブ iTunesで音楽配信開始
4月6日、Ustream配信限定で行われたチャリティーライブに急遽参加した清水靖晃&サキソフォネッツ。先日もライブの模様が再放送されるなど、たくさんの要望を頂き、サキソフォネッツが演奏した9曲含め、当日参加したミュージシャンの演奏を56曲収録したコンピレーションアルバム『Let's go, Japan #2』がiTunes のみで配信スタートしました。コンサートでは演奏していますが、今までリリースしていない「Asa」や「フーガの技法」の楽曲も収録されています。
ちなみに、サキソフォネッツのライブ音源は清水がミックスしています。

清水靖晃&サキソフォネッツの収録曲
43曲目:Koega / 44曲目
Cello Suite No.3 - Courante / 45曲目Hattorun / 46曲目Cello Suite - No.6 Gavotte I, II / 47曲目Dolomiti Spring / 48曲目Asa / 49曲目Art of Fugue - Contrapuctus I / 50曲目Cello Suite No.1 - Prelude / 51曲目Cello Suite No.1 - Gigue

配信日:4月27日


さや侍
松本人志監督最新作 6月11日公開
前作『しんぼる』に続き、第3作目となる最新作映画『さや侍』の音楽を清水が作曲しました。刀の鞘しか持たない侍が過酷な試練を通して親子の葛藤と絆を描いた、笑いと悲しみを描いた時代劇。音楽には清水が長年作曲で取り組んでいる五音音階がふんだんに取り入れています。
清水曰く「役者がよりきれいに見えるように音楽を作りました。頭で考えたわけではありませんが、やはり僕の作風は時代性に疑問を投げかける作風になっています。」とのこと。

物語
ある出来事を切っ掛けに自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父を軽蔑し反発する娘たえと充てない旅を続けていた勘十郎は、無断で脱藩した罪により、捕われの身に。相当な変わり者として世に名を馳せていた殿様から“30日の業”に処されるが、それに成功すると無罪放免、失敗すれば即、切腹になると言う…。予告編はこちら

第64回 スイス・ロカルノ国際映画祭(8月3日〜13日)に出品決定。

公開日:6月11日(土)より、全国松竹系で順次公開
www.sayazamurai.com

  東京・プレミア上映決定
日時:6月6日(月)18:30開演
会場:東京国際フォーラム ホールC
登壇者:松本人志 / 野見隆明 / 熊田聖亜 / 板尾創路 / 柄本時生 /りょう / Rolly / 腹筋善之介 / 伊武雅刀 / 國村隼
 


2011. 4. 26

Let's go, Japan #2
4月28日 Ustream再放送
先日4月6日、清水靖晃&サキソフォネッツが参加したUstream配信限定の東日本大地震チャリティーライブ「Let's Go, Japan 2」。多くのリクエストを頂き、早くもライブの模様がUstreamで再放送されます。

放送日:4月28日(木)20:00〜23:00
閲覧サイト:
asobi cast
www.ustream.tv/channel/asobi-cast


2011. 4. 13

千羽鶴
栗田けんじ 演歌作曲
着うた先行配信
前作「人生(ゆめ)まだ途中」に続いて、栗田けんじの演歌曲を清水が作編曲しました。アコースティックギターをメインした清水ならではのメロディーと編成で、現代のリアリティある詩に何度も聞き返したくなる1曲になっています。ミュージシャンには、ドラムに渡嘉敷祐一さん、コントラバスに高水健司さんといった清水の懐かしい同士が参加しているのも聴きどころです。現在、着うたのみの配信限定リリース。レコチョクほか、順次主要サイトで配信予定です。

配信日:4月20日 着うた、4月27日 着うたフル
レコチョク

REALTOKYO
インタビュー記事掲載
先月3月20日、東北大震災を切っ掛けに、急遽京都・ソーシャルキッチンのスペースで行われた清水とタップダンサー熊谷和徳氏とのチャリティーライブ。ウェブサイトマガジン、RealTokyoの編集長でもある、小崎哲哉さんの連載コラムで二人のインタビューを交えてライブレポートが掲載されています。ぜひご覧下さい。

Out of Tokyo No. 226 震災と表現者たち
 


2011. 4. 1


Let's go, Japan #2
清水靖晃&サキソフォネッツ参加
4月6日(水)東北関東大震災被災者激励チャリティーライブ Ustream配信
ミュージシャン、音楽関係者が今できることは限られていますが、少なくとも音楽を演奏し、伝え続けることで何か生まれればと考えています。この度の震災を受けて、音楽制作会社のミスターミュージックが企画した日本赤十字社の義援金支援を目的としたUstream配信限定のチャリティーライブにサキソフォネッツが急遽参加することになりました。 ライブの模様は同社クリケット・スタジオから生中継します。

3月末に行われた第1弾の配信では、多くのアーティストが賛同し、Ustream 総視聴者数ランキング1位に。今回は第2弾として藤森亮一(チェロ)、清水和音(ピアノ)、中川俊郎(ピアノ)、 川田知子(ヴァイオリン)、ブラス・エクストリーム・トウキョウの皆さんほか、出演予定。

このライブは基本的にUstream配信となります。一人でも多くの方々に、義援金という形でご参加頂くことをお願いします。寄付の方法につきましては、下記日本赤十字社サイトヘアクセス下さい。会場となる南青山・クリケットスタジオロビーでも募金できるよう義援金箱を設置します。
www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

清水靖晃(t.sax)
江川良子、林田祐和(t.sax)、鈴木広志、東涼太(b.sax)

日時:4月6日(水)12:00 - 23:00
*清水靖晃&サキソフォネッツの出演は、21:30 -22:00
場所:クリケットスタジオ



2011.3.23

東北地方太平洋沖地震 チャリティーライブ
清水靖晃 x 熊谷和徳
3月20日(日)、京都・ソーシャルキッチンで行われたタップダンサー熊谷和徳氏との緊急チャリティーライブ。皆様のご協力により多くの義援金が集まりました。この場で感謝、お礼申し上げます。ありがとうございました。


2011.3.2

Miho Project 25th Live & Art Party
清水靖晃ソロ アニバーサリー・パーティーに参加
3月13日(日) 京都・織成館 岩上ホール
京都・西陣に事務所を構え、清水のファンクラブを運営しているミホプロジェクトが今年25周年を迎えます。感謝の気持をこめて、3日間にわたり行われるイベント最終日に清水が参加します。

清水靖晃(t. sax)の出演は18:00 からです。
16:00 からは Nishijin Brocade [KND (DJ)、山本啓 (vln)]/ だるま商店 (ライブペインティング) + 野中智史(三味線)/ 亜空亜 Shin(マジック)のパフォーマンスが行われます。

日時:3月13日(日)16:00開演
会場:織成館・岩上ホール
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/yu-an1/



2011.2.18

クラシック倶楽部
再放送 NHK-BS番組 
2010年2月、東京・すみだトリフォニーホールで行われた清水靖晃&サキソフォネッツ「ゴルトベルク変奏曲」公演特集番組の5度目の再放送が決まりました。

放送日:3月3日(木)6:00〜6:55 NHK BShi
www.nhk.or.jp/classic/club/


YouTube
雄呂血 
2008年秋、東京・明治神宮会館にて清水靖晃&サキソフォネッツ+ロイヤルアートレスオーケストラが出演したフィルムコンサート「雄呂血」からの名場面集を配信中。パート2では有名な阪妻の大立ち回りシーンもご覧になれます。

Yasuaki Shimizu & Saxophonettes w/ orchestra - Orochi film concert (part 1 of 2)
Yasuaki Shimizu & Saxophonettes w/ orchestra - Orochi film concert (part 2 of 2)
www.youtube.com/satetoartists


  ロボットの庭  
浜松で行われた浜名湖花博(2004)。月替わりで6つのテーマの庭が展開されるパビリオン「庭文化創造館」の音を清水が作曲、プロデュースしました。その中から「ロボットの庭」のサウンドインスタレーション映像を配信中。

Yasuaki Shimizu - sound installation for Robot Garden
www.youtube.com/satetoartists



2011.1.13

女子美スタイル☆最前線
清水靖晃&サキソフォネッツ フリーライブ
オープニングイベントにゲスト出演
2月11日(金・祝)横浜・BankART Studio NYK  
「女子美スタイル☆最前線」は、女子美術大学主催のアート&デザイン展。大学院や短期大学部を含む、全コースの卒業・修了年度学生作品選抜展です。清水と旧知で、同大芸術学部デザイン学科教授でもあるアートディレクター、奥村靫正氏がプロデュースするオープニングに、
清水靖晃&サキソフォネッツがゲスト出演します。会場は、アルバム『ペンタトニカ』の録音場所でもあるBankART Studio NYK。メインイベントの佐野ぬい学長によるライブペインティングに合わせて、サキソフォネッツの音が響き渡ります。

清水靖晃(t.sax)
江川良子、林田祐和(t.sax)、鈴木広志、東涼太(b.sax)

日時:2月11日(金・祝)17:00-17:30 オープニングイベント
*演奏は16:30から17:00の間にゆるやかにスタートします。
会場:BankART Studio NYK
www.joshibi.net/gw/



2011.1.13

日本経済新聞
昨年12月27付の夕刊文化面掲載。『2010年、心に残ったステージ3本』ジャズ&ロック部門に
東京・すみだトリフォニーホールで行った清水靖晃&サキソフォネッツ「ゴルトベルク変奏曲」公演が選ばれました。

Furusato -宇宙から見た世界遺産-
3D映画 音楽監修、作曲担当
ドームシアターガイアで上映中 
東京・お台場にある日本科学未来館。先端科学技術を紹介しているこのミュージアム内に常設されている半球状映像シアター "ドームシアターガイア" の映像作品『Furusato -宇宙からみた世界遺産-』に清水が音楽監修、作曲しました。昨年に引き続き、上映しています。迫力ある7.1chサラウンドシステムと3Dシステムによる音と映像の空間を是非楽しんで下さい。

期間:公開中〜終了日未定
時間:13:00
上映時間:37分
場所:日本科学未来館・ドームシアターガイア
江東区青海2-3-6(ゆりかもめ「船の科学館」駅より徒歩5分) 
チケット:予約制 *入館券購入後、予約券発行して頂きます。
詳細は、未来館公式サイトまたは Tel: 03-3570-9151 へお問い合わせ下さい。
www.miraikan.jst.go.jp


2011.1.7

マイア・バルー + 清水靖晃 ライブ
1月15日(土)サラヴァ東京
1982年、レコード『ル・ポレン』の作曲参加をきっかけに、清水がパリ在住の頃から交友を続けるピエール・バルー。その愛娘マイア・バルーとのパフォーマンスが決定しました。幼少期から世界中を巡って様々な音楽に触れ、多くの楽器を操り、PARCOのコーポレートキャンペーンに起用されたことでも注目を集めているミュージシャン。この2人で共演するのは初めてです。場所は渋谷の中心街に生まれたばかりの「サラヴァ東京」。ピエール・バルーが設立したヨーロッパ最古のインディーズレーベル「サラヴァ」が運営する新しいスペースです。

マイア氏の母親で、サラヴァ・レーベルの代表も務める潮田あつこ氏がウェブ・ダカーポに詳しいエピソードを書いています。是非ご一読下さい。
http://webdacapo.magazineworld.jp/cultures/culture/36677/


マイア・バルー(vo、fl、ほか)
清水靖晃(t.sax、p、ほか)

日時:1月15日(土) 19:00開演
会場:サラヴァ東京
www.saravah.jp/tokyo/