NEW
2004.11.19
Mac-Saxophone-Space
アップルストア銀座 スペシャルイベント出演
音楽専門誌「サウンド&レコーディング マガジン」とアップルストア銀座が、共同プロデュースにより開催しているワークショップ第9弾。このイベントに清水が出演。2004年、約半年にわたりサウンド・プロデュースした浜名湖花博内パビリオン「庭文化創造館」。会場のマスコット的存在だった、清水考案による多チャンネルスピーカー「エリザベス」も登場。編集長、國崎 晋氏司会のもと映像やパフォーマンスを交えながら語りました。

日時:2004年12月17日(金)19:00
場所:アップルストア銀座
www.apple.com/jp/retail/
 

清水靖晃、デヴィッド・カニンガム ライブ
100 years, 100 minutes, 100 notes
一年の締めくくりにもってこいのライブが、東京・六本木のスーパー・デラックスにて急遽決定。共演するデヴィッド・カニンガムはミュージシャン・プロデューサーとしてはもちろん、その活動はポップミュージックからギャラリーでのインスタレーション作品まで多岐にわたる。清水とはインスタレーション「東京クリエイティブ」(1990年)以来。そんなデヴィッドのラップトップギターに清水のテナーサキソフォン、ピアノ、踊り(?)が絡む。

Performance 2004年 デュオw/デヴィッド・カニンガム 写真と映像
 

日時:2004年12月26日(日) 開演19:30
場所:Super Deluxe
www.super-deluxe.com
 

Tips
これいいねぇ。良い意味で脱力感。 フランス人の知り合いのサックス奏者エティエンヌ・ブルネットのアルバム。 今年他界したソプラノ・サックス奏者、スティーヴ・レイシーに捧げる一枚です。

サラヴァ [フランス] SHL 2118



2004.7.22
SITE UP DATE 人間関係
雑誌『ブルータス』で、92年から連載が続いている篠山紀信撮影の「人間関係」で、清水がひばり児童合唱団とともに登場。アルバム『Seventh Garden』の1曲目で「雑草」を歌ってくれた子供たちと再び共演!これは必見!

発売日:2004年8月2日
マガジンハウス


2004.6.25
炎のジプシーブラス 〜地図にない村から〜
ファンファーレ・チォカリーアの愉快なドキュメンタリー映画

これ凄すぎるよ〜〜!!! 音、映像がどうのって問題じゃないね。
3000年ぐらいの歴史の意味を注射してもらった感じです。


原題:Brass on Fire(2002年・独)
監督・脚本:ラルフ・マルシャレック


2004.6.21
RELEASE MSN
マイクロソフト社が運営するポータルサイト"MSN"。このエンターテインメントページに、清水のインタビューを掲載。アルバム『Seventh Garden』の制作から今後にまで話が及んだ。
RELEASE Barks
音楽情報サイト"バークス "の清水靖晃特集ページでは、インタビュー記事、アルバム曲の試聴はもちろん、2003年3月に水戸芸術館で行ったパフォーマンス映像や動画コメントを配信。


2004.6.8
RELEASE 無声映画との合体 ワイルドに
『ピアノ・レッスン』など映画音楽で知られるマイケル・ナイマンが、自身のバンドと共に6年振り待望の来日を果たした。6月2日、すみだトリフォニーホール(東京)にて行われたフィルム・コンサートを基に清水が音楽評を書きました。

Read Me
で原稿が読めます。

朝日新聞
 2004年6月10日 朝刊掲載


2004.5.28
RELEASE Seventh Garden
静寂、無音... “音楽”の規範を超越した、懐かしくもまったく新しい音楽達
雑草の名前を60種類ぐらい集めて歌った曲「雑草」。同じく花の名前をイタリア語で、ソプラノ歌手が歌う「インドゥストリア・ボタニカ」。その他サイン波を用いた曲から、お得意のコラージュ曲まで…中でも清水が予てから考えていた、児童合唱団とテナーサキソフォンのコンビネーションは「やっとできた!」という感じ。バンド"マライア"最後のアルバム『うたかたの日々』 (1983年)からの選曲、「花が咲いたら」もリアレンジ収録!詩は甲田益也子さんに語ってもらっています。
※このアルバムは、清水靖晃プロデュースによる「浜名湖花博 - パシフィックフローラ2004」庭文化創造館のサウンドインスタレーションのために制作した音源やアプローチを基にしています。

発売日:2004年5月26日

価格:2,800円
ビクター VICL-61390


2004.5.12
RELEASE サウンド&レコーディングマガジン
インタビュー記事掲載
発売迫るニューアルバム『Seventh Garden』の制作から、浜名湖花博「庭文化創造館」音プロデュース、そして気になるスピーカー“エリザベス”の誕生まで。

発売日:2004年5月15日 6月号
リットーミュジック

RELEASE ミュージック・マガジン
松山晋也とめかくしプレイ
ライター松山晋也さんの連載コーナーに清水がゲストで登場。

発売日:2004年5月20日 6月号
ミュージック・マガジン


2004.4.28
RELEASE キモチレシピ
FMラジオ 番組生出演
アルバム『Seventh Garden』の制作秘話から、浜名湖花博「庭文化創造館」音プロデュースまで…。

K-MIX 5月6日(木) キモチレシピ 11:30〜12:00
 


2004.4.12
パシフィックフローラ2004
庭文化創造館、6つのテーマの庭の音をプロデュース
しずおか国際園芸博覧会「パシフィックフローラ2004」。その会場内に、 月替わりで6つのテーマの庭が展開されるパビリオン「庭文化創造館」の音をプロデュース。 あちらこちらに無指向性スピーカーと清水考案による多チャンネルスピーカー "エリザベス"が配置され、そこから聞こえてくる音も6つの庭のテーマに合わせるのでなく、 あえて「音庭」を7つめのテーマとし、更にそれぞれの庭と絡み合うといった複合的なコラボレーションの試み。

Recordings/Film, Dance, Mixed Media 2004年 庭文化創造館 映像


会期: 2004年4月8日(木)〜 10月11日(月)
場所: 浜名湖ガーデンパーク

RELEASE Time and Again
清水靖晃 & サキソフォネッツ

元々、1993年にリリースされたこのアルバムは、オリジナル曲を中心に構成され、ちょうど10年前の『ロトム・ア・ペカン (北京の秋)』(1983年)の続編としてのポジションともいえる。オーケストレーションの贅を尽くしたストリングスもクールな、繊細な音楽だ。一見ノスタルジック、実は時代を超えたサウンドに彩られたこの作品は、10年を経た今こそ聴き返されるべき内容を持っている。

今回の再発にあたって新たにリマスタリング。制作当時、イギリス、アメリカのみでリリースされたジ・オーブによる 幻のリミックス作品「Secret Squirrel」、「Morocco Mole」と中野裕之監督による映像作品「Moths and Cortisone」が追加されたことにより“現在への帰還”の意味を大きく増している。
エンハンストCD
発売日:2004年4月21日
価格:2,625円
ポリスター  MTCJ-3014